スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2015.07.01 Wednesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

ショブジ ディェ シュトゥキ (魚の干物と野菜のカレー)

これまでも幾つかローカルなベンガルの家庭料理を中心にレシピを紹介してきましたが、今回は本当に僕の好きなベンガル料理の中でも一番!好きな料理を紹介したいと思います。

魚の干物と野菜の炒め物なのですが、ベンガルの魚の干物は強烈な匂いを発します。ベンガル語でロティアと呼ばれる魚で、和名はテナガミズテングと呼ばれるらしいです。日本の正月に炊く棒鱈や韓国食材の干鱈でも代用できると思いますが、ロティアの干物はhttp://www.padma-tr.com/などのベンガル食材店で入手可能です。



まず魚の干物(ロティア5匹分)をよく洗った後、ぬるま湯に漬けて戻します。ロティアの干物を使う場合は4時間ほど漬けておけば戻ります。戻ったら2僂らいにカットしておきます。




まずフライパンに多めの油(あればマスタードオイル)を入れて、玉葱のみじん切り(約半個分)と青唐辛子(2本)のみじん切りを炒めます。玉葱がキツネ色になったら、にんにくのみじん切り(小匙1)チリパウダー、ターメリック、クミンパウダー(それぞれ小匙1)を加えて炒めます。




そこに戻したロティアの干物を入れ、魚の身を崩しながら炒めて、水分が蒸発してきたら、野菜を加えます。



茄子1本、ジャガイモ1個、人参半分、他にも適当な冷蔵庫の余った野菜が使えます。


しばらく炒めた後、刻んだほうれんそう1束(他の葉物野菜でも可)を加えます。



数分炒めた後、お湯(半カップ)を加え、塩(小匙1)、砂糖(小匙半分)を加えて蓋をして野菜に火を通して、水分がある程度蒸発したら完成☆


本当に美味しい料理で、ご飯がどんどん進みます。日本では(インド国内でも)あまり馴染みの無い料理ですが、是非一度作ってみてください。

マーチェル(魚の)マタ(頭)ディエ(で)プラオ(炊き込みご飯)のレシピ

前回のレシピに続いて、また鯛の頭です。この料理はグルマー(師匠の奥さん)に教えてもらった物で、美味しいんですが、ベンガル料理なのに現地でも知名度が最低ランクのメニューです。まずレストランでは食べれません。



バスマティ米(もしくはタイ米)3号を水で洗って、一度乾かします。

鯛の頭、1匹分です。

IMG_4353.jpg

適度なサイズに切って、ターメリック大匙2、塩とチリパウダーを少々振って全体に馴染ませます。

IMG_8295.jpg

魚の頭を少し多めの油で揚げていきます。少量の油で揚げ焼きみたいな感じで十分です。

IMG_5973.jpg

フライパンに少し多めのギ―(無ければ無塩バター、サラダオイルでも大丈夫です。)を温めて、シナモンスティック1本、クローブ6粒、カルダモン5粒、ベイリーフ2枚を入れ、薄くスライスした玉葱(中くらいの大きさ、約半分)を入れて炒めていきます。玉ねぎが少し褐色になってきたら、おろし生姜(小匙1)おろしにんにく(小匙1)、刻んだ青唐辛子(1本〜2本)、チリパウダー(少々)を入れて中火で2分程炒めます。

IMG_7384.jpg

そこに揚げた頭、米を入れて更に2分程炒めます。

IMG_9912.jpg

炒めたら炊飯器に入れて水を入れます。水の量は日本米を炊く時よりも少し多めにしてください。そして塩(小匙1〜2程度)、砂糖(小匙1くらい)を入れて、炊飯器で炊いたら出来上がりです。

IMG_6387.jpg

付け合わせは胡瓜や玉葱などの生野菜があると美味しいです。日本の魚が美味しい冬のうちに是非皆さん一度試してみてください。

IMG_1065.jpg

ベンガルのローカルメニュー、マーチェル(魚の)マタ(頭)ディエ(で)ムングダール(緑豆)のレシピ

数あるベンガル料理の中でも僕の中のトップ3に入るこの料理。毎食と言って良いほど魚を消費するベンガル地方では、頭も無駄にしません。マーチェル・マタ・ディエ・ムングダール( Macher Matha Diye Moong Dal 魚の頭入りムングダール)もちろん、頭の入った料理なんてお客様用の料理でもないし、ましてや普通レストランなんかでは出されない、完全に家のご飯です。

現地ではコイの巨大な頭なんかが使われますが、日本では季節に応じて大きな魚の頭なら何でも良いと思います。今日近くのスーパーで見つけたのがこれ↓立派な鯛の頭。

IMG_4353.jpg


Macher Matha Diye Moong Dal 材料



まず最初に適当に切った鯛の頭に塩とターメリック(大匙1)をまぶして10分くらい放置します。そして少量の油で揚げます。

IMG_8295.jpg

ムングダール(1カップ)はフライパンで油を敷かずに炒って、水で洗って、やわらかくなるまでベイリーフを数枚入れて水で煮ます。

IMG_4617.jpg

アクを取ったらターメリック(小匙2)を入れて豆の形が無くなるまで煮ます。

IMG_8821.jpg

油にクミンシード(小匙1)を入れて、薄くスライスした玉ねぎ(小1個分)を入れて炒めます。玉ねぎが少し褐色になったら、チリパウダー(小匙1)、おろしにんにく(小匙1)とおろし生姜(小匙1)を入れて、3分くらい炒めます。

IMG_2004.jpg


炒めたスパイスと、揚げた魚の頭、スライスしたトマト(小1個)、青とうがらし(数本)をダールの中に入れて、塩と砂糖で味を調えて、ガラムマサラ(小匙1)を加えて10分程煮込んで完成。

IMG_4101.jpg

炊いたご飯(バスマティ米、又はタイのジャスミンライスがベンガルの米にも近いのでお勧め)と一緒に食べると美味しいです。付け合わせにベイグン・バジャ(多めの油で焼いた茄子)があれば最高。

IMG_1323.jpg

皆さんも是非!やってみてください。

胡瓜のカレー レシピ





               Cucumber Curryの作り方

鍋にココナッツミルク1缶をあけ沸騰させます。そこにターメリック(粉末、大さじ1)輪切りにした胡瓜(約6本分)を入れ、刻んだトマト(1個分)、砕いたピーナッツ(50g)を入れ、蓋をして胡瓜に火が通るまで煮込みます。

火が通ったら、別の鍋にサラダ油を多めに熱し、その中にきざみニンニク(2片分)、クミンシード(ホール、大さじ1)、マスタードシード(ホール、小さじ1)、砕いた赤唐辛子(3本)、カリーリーフ(大さじ2)を入れ、スパイスに少し焦げ目が付くのを待ちます。それを胡瓜の鍋の方に流し入れ、塩と砂糖で味付けすればできあがり☆

スパイスのある家庭なら値段もリーズナブルにできるので、お勧めです。ココナッツの甘みと胡瓜の青臭さが爽やかで、これからの季節に良い感じだと思います。もちろんご飯とでもチャパティーなどとでも合います。


| 1/1PAGES |

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

  • マーチェル(魚の)マタ(頭)ディエ(で)プラオ(炊き込みご飯)のレシピ
    TADAO (12/05)
  • 今週末の連休は西日本最大のインドイベント「インディア・メーラー」!!
    TADAO (12/05)
  • BhangraやBollywoodだけがインドのPopsでは無い!インド各州のインディー系アーティストを紹介する番組「The Music Project」
    TADAO (12/05)
  • BhangraやBollywoodだけがインドのPopsでは無い!インド各州のインディー系アーティストを紹介する番組「The Music Project」
    ユウジ (11/14)
  • 今週末の連休は西日本最大のインドイベント「インディア・メーラー」!!
    てるよ (10/05)
  • マーチェル(魚の)マタ(頭)ディエ(で)プラオ(炊き込みご飯)のレシピ
    まもり (12/30)
  • ベンガル語の会/インド音楽の会
    shiho (06/13)
  • カルカッタナイト+南インド料理+今年のダージリン紅茶のお土産付き!!
    TADAO (04/08)
  • 帰国後初ライブ☆
    TADAO (04/08)
  • カルカッタナイト+南インド料理+今年のダージリン紅茶のお土産付き!!
    Himali (04/07)

recent trackback

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

sponsored links

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM